「ストリングスホテル東京インターコンチネンタル」のアフタヌーンティー。12月から冬バージョン「冬菓の重(とうかのじゅう)」が始まります。

「ストリングスホテル東京インターコンチネンタル」のアフタヌーンティー。12月から冬バージョン「冬菓の重(とうかのじゅう)」が始まります。

水の種類も選べる紅茶や独創的なメニューが好評な「ストリングスホテル東京インターコンチネンタル」のアフタヌーンティー。12月から冬バージョン「冬菓の重(とうかのじゅう)」が始まります。

紅茶通信で紹介した秋バージョン「秋菓の重」の記事はこちら。
>> 水の種類も選べる紅茶と季節感あふれるアフタヌーンティー

今冬のテーマは「おいしく食べて、心も体も温めよう!」
秋に引き続き、手毬のように丸い有田焼のお重・球型三段重。

「一の重」
生姜や金柑、オレンジなど体を温めるとされているフルーツ。

「二の重」
さっぱり甘酸っぱい一口サイズのレモンタルトや青りんごのパート・ド・フィリュイなど見た目にも美しく、鮮やかなプティフール

「三の重」
サラダ・サンドウィッチなど充実の軽食が楽しめます。

私も食べて驚いた「トリュフ風味のチョコレートディップ」は秋に続いての登場です。

焼き菓子のプラッターは季節によって変化し、12月はクリスマスを意識したレープクーヘン、スパイスがしっかり効いたフランス伝統菓子・パンデピスなど、種類も豊富にご用意し、多彩な味と食感が楽しめそうです。

紅茶はTWG Tea社の紅茶6種(ロイヤルダージリン/ワールドツアーティー/バニラブルボンティー/ナポレオンティー/オーノアールティー/インディアンナイトティー)で、さらに「硬水」、「軟水」が選ばます。茶葉を交換してのおかわりも自由なので、満足度は非常に高いです。

■冬のアフタヌーンティーセット「冬菓の重」概要
期間: 2014年12月1日(月)~2015年2月28日(土)
場所: レストラン&バー 「ザ・ダイニング ルーム」(26階)
時間: ティータイム 14:30~17:30(17:00L.O.)
料金 :  4,000円 ※別途消費税とサービス料を加算いたします

一休で予約すると、プランによっては消費税とサービス料込で、4,000円以下になりますので、予約される際は一休がオススメです。

最大53%OFF!レストラン予約も一休.com!

ザ・ダイニング ルーム

アフタヌーンティーの予約は一休がオススメです。
電話では予約できないお店が予約できたり。
なぜだかわかりませんが、通常予約より値段も安いのに特典が付いていたりします。

一休アフタヌーンティー特集ページ