スイーツに定評のあるハイアットリージェンシー東京のスイーツコース

今回、伺ったのは新宿にある「ハイアットリージェンシー東京」。
スイーツでも注目されていて、季節に合わせた旬な食材を使ったケーキも有名です。
ハイアットリージェンシー東京

ホテル内にある「CAFFE(カフェ)」(「カフェ」がそのままで店名です。シンプルですね。)が目的地。スイーツコースを頂きに来ました。
ハイアットリージェンシー東京・カフェ

今までのホテルでは「ラウンジ」と冠するお店がほとんどでしたが、ここは「カフェ」という名前だけあって、少しカジュアルな印象を感じますね。
ビジネス客より普通に食事やスイーツを楽しみに来ている人が多かったです。
ハイアットリージェンシー東京・カフェ・店内

まず、「一休プラン限定特典」のスパークリングワインで乾杯です。
一休は定価より安く予約できるのに特典も付いて本当に便利ですね。
(お酒がダメな場合はノンアルコールのカクテルを選べます。)
ハイアットリージェンシー東京・カフェ・スパークリングワイン

店内の壁も凝っています。それぞれのエリアごとにインテリアが配置されています。
このエリアは瓶が飾られています。
ハイアットリージェンシー東京・カフェ・内装1

このエリアは洋書などアンティークな飾り付け。コルク抜きが並んでる壁があったり面白いです。
ハイアットリージェンシー東京・カフェ・内装2

最初のスイーツ「フルーツこがね”のスイートポテト」。
お芋の素材そのものの味が活かされています。
フルーツこがねのスイートポテト

次のスイーツの間に紅茶が来ました。飲み物は紅茶・コーヒーから選択可能で、
紅茶はダージリン・アールグレイ・アッサムほかハーブティーがあるようでした。
自分はダージリンにしました。茶葉は抜かれています。
どこの茶葉から不明ですが、中国茶っぽさのあるダージリンでした。
ハイアットリージェンシー東京・ダージリン

紅茶を飲んでいると、プレデセールの登場。
「洋ナシのコンポート バニラジェラートを添えて」です。
洋ナシのコンポート バニラジェラートを添えて

見た目が美しい。また、ジェラートなので持ち帰りのケーキでは表現できないバランスだと思います。その場でしか味わえない出来立てを食べる贅沢。いいですね。

そして最後3品目。
アシェットデセール「ミルクショコラのムース マロンシャンティと共に」です。
ミルクショコラのムース マロンシャンティと共に

さっきのに続いて盛り付けが美しい。チョコレートのラインやフランボワーズ・栗のポジションはどうやって考えるのだろう。料理の腕だけでなく、デザインセンスも相当です。
マロンシャンティやショコラムースをそれぞれ別に食べても美味しいし、一緒だとさらに美味しいです。

最後に、「フランポワーズのマカロン」も。
これはホテル内のペストリーショップのマカロンなのかな。
ハイアットリージェンシー東京・マカロン

安納芋 → 洋ナシ → 栗 と秋の味覚尽くしのスイーツコース。
「ハイアットリージェンシー東京」のレベルは高いです。

アフタヌーンティーとことなり、スイーツのみですが、食後にはむしろちょうどよいバランスです。
優雅な時間を堪能できました。

ホテルのロビーはクリスマスツリーも飾られ、クリスマスムードです。
ハイアットリージェンシー東京・クリスマス

■ ハイアットリージェンシー東京 カフェ (CAFFE)
この秋のスイーツコースは11月末までです。
↓の一休から予約すると、値段も安く、特典も付いてきます。
スイーツに定評のあるハイアットリージェンシー東京のスイーツコース

カフェイタリアン / 都庁前駅西新宿駅西新宿五丁目駅

昼総合点★★★★ 4.0

アフタヌーンティーの予約は一休がオススメです。
電話では予約できないお店が予約できたり。
なぜだかわかりませんが、通常予約より値段も安いのに特典が付いていたりします。

一休アフタヌーンティー特集ページ