イタリアンなアフタヌーンティー シャングリ・ラ ホテル 東京「ピャチェーレ」

「シャングリ・ラ ホテル 東京」にあるイタリアレストラン「ピャチェーレ」のアフタヌーンティーです。
ピャチェーレ・入口

「シャングリ・ラ 東京」と言えば、「ザ ロビーラウンジ」のアフタヌーンティーが有名ですが、同じフロアの奥にあるイタリアレストラン「ピャチェーレ」でもアフタヌーンティーを頂くことができます。

【関連記事】シャングリ・ラ ホテル東京「ザ ロビーラウンジ」 アフタヌーンティー

「ピャチェーレ」はアジアを代表する若手建築家のひとり、アンドレ・フー氏がインテリアデザインやっています。
お隣フォーシーズンズ 東京の「MOTIF」のインテリアデザインも手掛けています。

【関連記事】 フォーシーズンズホテル丸の内 東京 MOTIF(モチーフ)アフタヌーンティー
ピャチェーレ・内装
ピャチェーレ・クリスマスツリー

テーブルセット。
ピャチェーレ・テーブルセット

28階からの眺めです。東京駅が模型のように見えます。
ピャチェーレ・窓

お茶のメニューは
・シャングリ・ラ ホテル 東京 オリジナル ヒマラヤンブレンド
・シーヨック農園 オーガニックダージリン
・マンガラム農園 アッサムゴールド
・アールグレイ
・キームン
・キャンディー
・鉄観音
などがあります。+1,000円でキャッスルトンなど農園指定の茶葉が3種類追加でいます。
通常メニューなのでよほどのことでなければ、そのままでよさそう。

最初の紅茶は店員からオススメされた「シャングリ・ラ ホテル 東京 オリジナル ヒマラヤンブレンド」。
2人とも同じのを頼んだのでポットで提供されました。
シャングリラブレンド

「ピャチェーレ」では、茶葉を変えてのお代わりが自由です。
2杯目からはカップで提供されました。

いろいろな種類を楽しみたいのでこれはかなりポイント高いですね。

・アッサム
アッサム

・フレーバーラテ(チョコレートナッツ)
紅茶の合間のこういうドリンクも楽しみの1つです。
フレーバーラテ

また、途中でレモングラスを焙じた特製のハーブティーを出してくれました。
人にもよるかも知れませんが、嬉しいサービスです。
ピャチェーレ・お茶1

アフタヌーンティーのスタンドはこんな形。木製で特徴的な形の3段スタンドです。
ピャチェーレ・アフタヌーンティー

下段のセイボリー。
ピャチェーレ・セイボリー
・イカスミのグリッシーニズワイガニ(左の黒いもの)
・フォカッチャ オリーブアンチョビパセリ (左上)
・バーニャカウダ(左下)
・オリーブ アッラスコラーナ(上)
・味のビスケット 無花果のソテー ドライパルマハム(右)

中段のスイーツ(1)
ピャチェーレ・スイーツ
・チョコレートタルト(左)
・ライムムース(上真ん中)
・リッチャレルリ(下真ん中)
・メレンゲとカスタードラズベリー添え(左下)
・ブルーベリータルト クリームチーズタイム添え(右上)

上段のスイーツ(2)
ピャチェーレ・スイーツ2
・ティラミスロール(左)
・カンパリオレンジ(右)

辛いものから甘いものに進んでいくのが正式な食べ方だと思いますが、メレンゲなどは先に食べたほうが食感を楽しめます。後半に「甘い」が続くと飽きてくるので(笑)バランスよく食べていくのが個人的にオススメです。

イタリアレストランなのか、普通のスコーンなどはなく、食事としても楽しめる完成度になっていますので、
他の方を連れて行くのにも使いやすい良いアフタヌーンティーだと思います。

「ピャチェーレ」のアフタヌーンティーは4,300円ですが、直接予約だと、サービス料 15%(ぶっちゃけ高ッ!!)に消費税で、約5,300円になります。

一休だと、サービス料・消費税込みで、4,300円なので、特別な理由がない限り一休経由がオススメです。
ピャチェーレ・一休予約はこちら


ピャチェーレイタリアン / 東京駅日本橋駅大手町駅

昼総合点★★★★ 4.5

アフタヌーンティーの予約は一休がオススメです。
電話では予約できないお店が予約できたり。
なぜだかわかりませんが、通常予約より値段も安いのに特典が付いていたりします。

一休アフタヌーンティー特集ページ