紅茶は健康によかった!糖尿病を予防する効果あり。

お茶はもともと健康によさそうなイメージがありますが、
スイスの研究団体とイギリス・ユニリーバの調査によると、
紅茶をよく飲む人は糖尿病のリスクが25%低いことが分かりました。

スイスの調査団体「データマイニング・インターナショナル」と英ユニリーバ社は、
紅茶の消費量と病気の関係について研究を行いました。

この研究は、42カ国の紅茶の消費量と、呼吸器系、心血管系、感染症、糖尿病、がん
の5種類の病気の疾病率を比較したもの。

この結果、紅茶の消費量が他の2倍以上の国は、
タイプ2糖尿病(生活習慣による後天的な糖尿病)の人が25%少ないことが明らかになりました。

他の4つの病気については、割合は他の国と同程度だったそうです。

参考:The Drink That Lowers Your Risk of Diabetes
http://blog.womenshealthmag.com/scoop/black-tea/


この「紅茶通信」にも「紅茶にあう最高のスイーツを求めて」なんてコーナーもあるように、
紅茶はスコーンなどの軽食やお菓子と一緒に取る習慣があります。
(アフタヌーンティーもまさにそうです。)

「紅茶」が先か「お菓子」が先かはわかりませんが(笑)
双方を一緒に取ることで、糖分を取ることによる健康へのリスクを下げて、
しかも、美味しく食べることができるようになっているのは、興味深く嬉しい結果ですね。

紅茶は健康によかった。糖尿病を予防する効果あり。

アフタヌーンティーの予約は一休がオススメです。
電話では予約できないお店が予約できたり。
なぜだかわかりませんが、通常予約より値段も安いのに特典が付いていたりします。

一休アフタヌーンティー特集ページ