洗練されたデザインのパティスリー「Pâtisserie SAKURA(パティスリー サクラ)」

パティスリー サクラ・外観
銀座から電車で5分、将来の発展を願い豊かな土地になるようにと名付けられた豊洲駅近くの「パティスリーSAKURA」です。桜で街を彩りたいというオーナーの想いがあって、名付けられたそうです。

概観は、桜の色を表すようなピンク色。パリの洋菓子店もビビットの鮮やかな色が多いというところからも来ています。

パティスリー サクラ・ショーケース
店内は1階がケーキの販売をしていて、2階がカフェスペース。
1階で買ったケーキを2階のカフェで食べることもできます。
シェフパティシエの森大祐さんは数々のコンクールを受賞したことのある実力のある方で、見た目も華やかなケーキが多いです。

2階のカフェでは、ランチタイム(11:00-14:00)もあり、クロワッサンサンドやパニーニのセット(ドリンク、デザート付き)もありました。

パティスリー サクラ・ランチメニュー・クロワッサンサンド
ランチメニューの「クロワッサンサンド サーモン」とオレンジジュース。
(ドリンクは紅茶やコーヒーも選択できます。)

パティスリー サクラ・クレームブリュレ
デザートのクレームブリュレです。デザートはクレームブリュレかプチシューからの選択でした。
このドリンクとデザート付きのセットで770円はかなりお得だと思います。

ランチの紹介のあとは、肝心のケーキと紅茶の紹介です(笑)

これは「パピヨン」という名前のケーキ。
パティスリー サクラ・パピヨン
ピスタチオダックワーズの土台の上に、ピスタチオのチョコでコーティングされたホワイトチョコムースとベリーのブリュレが乗っています。飾りの桜色のチョコレートもオシャレ。
まさに作品というレベルにまで達した洗練されたデザインです。

パティスリー サクラ・モンターニュブルー
紅茶はこのお店のケーキに合わせて、シェフパティシエの森大祐さんと日本紅茶協会認定アドバイザーの渡辺宏子さんが選んだ「モンターニュブルー」という茶葉。
たぶんフランスの「ル・パレデテ」というブランドの茶葉です。
紅茶の風味とともにフルーツの味わいを感じます。

2階が全てカフェスペースとなっており、数席のイートインしかないケーキ店と異なり
ゆっくりとケーキとこだわりの紅茶を味わえます。

Pâtisserie SAKURA(パティスリー サクラ)
東京都江東区豊洲4-2-2
Tel:03-3531-3521
営業時間:10:00~20:00(2Fカフェは10:00~19:00) 火曜定休

サクラケーキ / 豊洲駅新豊洲駅

昼総合点★★★★ 4.0

アフタヌーンティーの予約は一休がオススメです。
電話では予約できないお店が予約できたり。
なぜだかわかりませんが、通常予約より値段も安いのに特典が付いていたりします。

一休アフタヌーンティー特集ページ