伊勢丹フランス展2016 + テオドーTea Lovers Bar「Parisian-巴里夫」

おしゃべりを楽しんだり、憩いのひとときを過ごしたり。古くは17世紀から続くフランスのカフェ文化。フランスではコーヒーが主流で、とても人気があります。

新宿伊勢丹で開催中のフランス展の会場内も、カフェの出展はありましたが紅茶を愉しめるお店はなかったような気がします。

代わりに、別階でフランス紅茶ブランド「テオドー」がTea Lovers Barをオープンしていました。
テオドー「Parisian-巴里夫」

テーマはフランス展に併せて「Parisian-巴里夫」です。昨年のパリで開催されたデザインアートの祭典「REVELATIONS(レヴェラシオン)」のために作られた星座の名前がついたブレンドを使ったアレンジアイスティーを楽しむことができました。

1つ目は「ペルセウス × 夜空」というアレンジティー。
紅茶をベースにゆずとベルガモット、人参の組み合わせ。
テオドー・ペルセウス1

グラスに夜空をイメージ氷、初めは暗めの水色ですが、レモンの果汁を入れると色が明るく変わり、見た目でも楽しめるアレンジティーでした。
テオドー・ペルセウス2

2つ目は「ペティ トゥス × 太陽」。
緑茶をベースにマンダリンオレンジと生姜の組み合わせ。
太陽をイメージにした黄金柑と青りんごシロップにザクロを重ねたアイスティー。
テオドー・ペティ トゥス

素材の組み合わせも面白いですが、綺麗に美味しくなるようにグラス選びからもこだわっていました。

テオドーの「Tea Lovers Bar」は「飲む。」ではなく「愉しむ。」というフランスの紅茶文化を上手く表現しているなぁと思いますね。
テオドー紅茶缶

また、「フランス展」では、パティシエ浅見欣則さんのパフェを頂いてきました。

浅見欣則さん

<ヨシノリ・アサミ>スペシャルパフェ プランタニエ
プランタニエ

たっぷりのイチゴにピスタチオアイス、バニラアイスの組み合わせ。

<ヨシノリ・アサミ>スペシャルパフェ エキゾチック
エキゾチック

たっぷりのマンゴーに、チョコ、キャラメルアイスの組み合わせ

昨年に続き、浅見さんご本人が1つずつパフェ作ってくれるという贅沢なサービスです。
他のお客様はパフェを持って一緒に記念撮影をしていました。

アフタヌーンティーの予約は一休がオススメです。
電話では予約できないお店が予約できたり。
なぜだかわかりませんが、通常予約より値段も安いのに特典が付いていたりします。

一休アフタヌーンティー特集ページ