8月9日・10日は白桃の日。今年も白桃パフェを堪能してきました。 | 丸の内・大手町

今回で4回目。白桃の日の8/9(日)10(月)に『おかやま白桃パフェDays2015』が開催されました。
今年は例年通りの丸の内・大手町だけなく、大阪でも開催されています。

『おかやま白桃パフェDays2015』では、岡山の「白桃」、「マスカット」といった果物をふんだんに使った「白桃パフェ」を800円という価格で食べることができます。使われる桃は1個数千円するとのこと?!

東京では今年も昨年と同じ7店舗で開催されます。人気はやはり「千疋屋」が圧倒的。開始1時間もしないで50食完売となりました。
おかやま白桃パフェデイズ

今回パフェを食べてきたのは以下の3店です。
まず、1店目は新丸ビルの1つ目は「ig cafe(イグカフェ)」。
おかやま白桃パフェデイズ・igcafe

「ig cafe(イグカフェ)」のパフェはいくつもの層になったパフェらしいパフェです。
igcafe・白桃パフェ

最上部には桃、マスカット、巨峰とフルーツを豪華に盛りつけ。
桃の果汁とレモンでマリネされていて、ほんのりさわやかな酸味がプラスされています。

中盤には、砕いてミルクチョコと合わせたサクサクのクレープ生地やマスカルポーネのクリーム。
そして最下部は、白桃とぶどうの果汁を加えたエルダーフラワーのジュレです。

紅茶はドイツの紅茶メーカー「Ronnefelldt(ロンネフェルト)」でした。


2店目は、丸の内から少し離れた大手町の「Bistro Lyon(ビストロ リヨン)」です。
ここは3点連続で食べに来ています。ビストロリヨンは毎年、素材のフルーツを活かすことを重視しています。

今年のパフェはこちら。
ビストロリヨン・おかやま白桃パフェ

とにかくシンプルでした。白桃とマスカット、巨峰が別盛りになっていて、白桃にはヨーグルト味のコクのあるアイスが乗っています。マスカット、巨峰は少し凍らせたものをそのままとなっています。

「パフェを食べたい。」と思うと拍子抜けするかも知れませんが、フルーツそのものを食べたい人にはオススメできます。


最後の3店目は三菱一号館美術館内にある『Café1894』。天井も高く今回の参加店の中でも豪華な作りのお店です。
Café1894・外観
Café1894・店内

ここの「白桃パフェ」は昨年とほぼ同じで、皿盛りのアシェットデセールのような作りです。

桃などフルーツに白ワインのジュレが絡んで、さっぱりとして甘さが一層引き立ちます。
バニラアイスとフロマージュブランマンジェと一緒に食べると、食感の変化も楽しめて1皿としての完成度は一番高かったです。

今回食べた3店舗とも昨年食べたお店と同じになりましたが、最初の2店舗はややパワーダウンしているしているように感じました。
フルーツの美味しさはどのお店も同じですが、パフェとしての満足度は『Café1894』でした。
フルーツの素材だけを楽しみたいなら、「Bistro Lyon(ビストロ リヨン)」ですね。

アフタヌーンティーの予約は一休がオススメです。
電話では予約できないお店が予約できたり。
なぜだかわかりませんが、通常予約より値段も安いのに特典が付いていたりします。

一休アフタヌーンティー特集ページ