日本茶カフェ「表参道 茶茶の間」 – 表参道

日本茶カフェ「表参道 茶茶の間」 – 表参道

このサイトの名前は「紅茶通信」ですが、今回は「紅茶」ではなく、
表参道にある「日本茶」のお店です。

紅茶、日本茶、烏龍茶の原料は全て同じツバキ科の常緑樹「茶の木」です。
元は同じような茶葉でも、日本茶はまったく発酵なし、紅茶は完全に発酵させるたものなど
発酵の度合いによってまったく違う香りや味わいが生まれるから面白いですね。

この「茶茶の間」では、日本茶ソムリエの和多田 喜(わただ よし)さんが、
蓋のない茶器を使った独特の方法で淹れられたお茶を飲むことができます。
日本茶ソムリエの和多田 喜(わただ よし)

注文したのは「手炒りの焙じ茶」と「黒糖アイスクリームあんみつ」のセット。

まずは、「黒糖アイスクリームあんみつ」です。
今回は「日本茶」が主役なので、写真だけで次へ(笑)
黒糖アイスクリームあんみつ

焙じ茶は注文してから茶葉を焙じます。まず、焙じる前の茶葉を見せてくれました。
「幸福の茶棒頭」という茎系の茶葉です。良い茶葉なのでそのまま食べられます。
幸福の茶棒頭

この茶葉を焙じはじめると店内に良い香りが広まり期待も高まります。
自分の茶葉が目の前で炒られているのはちょっと贅沢な感じです。

写真は撮れませんでしたが、焙じたあとの茶葉も見せてくれました。
その茶葉も食べることができて、違いを楽しむことができます。

一煎目のお茶です。量はほんの少しです。カフェオレのような風味をゆっくりと味わいます。
手炒りの焙じ茶一煎目

今までのお茶(ほうじ茶)とはまったく異なるものです。ぜひ体験してほしいです。
どうやって淹れたのかを尋ねたら、少量の水で出しているとのこと。
焙じた直後なので、ほんのりとした温かさが残っていました。

二煎目、三煎目は、蓋のない茶器で少な目のお湯で淹れてくれました。
茶茶の間・二煎目
一煎目よりは普通のお茶に近く飲みやすいです。

最後の四煎目は、たっぷり熱湯で淹れてくれました。
茶茶の間・四煎目

単純な美味しいだけでなく、1つの茶葉が淹れ方を変えて、様々な変化を味わえる面白さがあります。

また、ここで出されている茶葉は、購入することもできます。
日本茶ソムリエの方に相談して、ピッタリの茶葉を選んでもらっている方もいました。
茶茶の間

「表参道 茶茶の間」
東京都渋谷区神宮前5-13-14 表参道SKビル1F
http://www.chachanoma.com/


神宮外苑のいちょう並木はちょうど紅葉でした。
神宮外苑のいちょう並木

茶茶の間日本茶専門店 / 明治神宮前駅表参道駅原宿駅

昼総合点★★★★ 4.5

アフタヌーンティーの予約は一休がオススメです。
電話では予約できないお店が予約できたり。
なぜだかわかりませんが、通常予約より値段も安いのに特典が付いていたりします。

一休アフタヌーンティー特集ページ