2015年モンブラン(6) パティスリー リョーコ

2015年モンブラン、第6回目は、高輪台の人気店「パティスリー リョーコ」です。

大阪から東京に移転し、3年で都内でもトップクラスの人気店になっています。

クリスマスケーキの予約が始まっており、店頭予約のみ受け付けのため、お店まで行列が出来ていました。

開店前でこの行列です。。。
パティスリーリョーコ・行列

クリスマスケーキは無事に予約が完了できたので、モンブラン他いくつかケーキを買って帰りました。

■ 和栗・モンブラン

パティスリー リョーコのモンブランです。
パティスリーリョーコ・和栗のモンブラン
パティスリーリョーコ・和栗のモンブラン・断面

かなり複雑な構成になっています。土台はムッチリとしたダコワーズ風な卵白生地。土台の上に生クリームの中心にカスタードクリーム。
さらに軽い食感マロンクリームがあり、見えませんが中には栗が1つ入っています。
そして一番外側のマロンクリームは和栗です。

1つ1つの要素を単体で食べてみても美味しい。リョーコの特徴の軽くてミルク感のあるクリームと栗の相性が抜群によいです。

■ ショコラ・モンブラン

リョーコの十八番のチョコを使ったモンブラン。
モンブラン調としたビジュアルですが、実は濃厚なチョコレートケーキ。
とは、栗の風味もあとから効いてくる素晴らしい逸品です。
パティスリーリョーコ・ショコラモンブラン

■ ジャポネ

続いて、モンブラン以外のケーキです。
まずは「ジャポネ」です。ジャポネはいわゆるショートケーキです。
時期によって使うフルーツが変わります。この日は洋ナシでした。
リョーコ・ジャポネ・洋ナシ

卵黄が多めなのか、スポンジ生地が濃い色をしています。食感は柔らかいです。
クリーム、スポンジ、間の洋ナシに加え、隠し味的にカスタードも入っており、バランスが抜群。

■ ボヌール

最後はボヌールというチョコレートケーキです。
リョーコのチョコレートケーキと言えば、スペシャリテの「キャラドゥー」が有名ですが、売り切れでしたのでこちらを購入。
リョーコ・ボヌール

自家製ジャンドゥージャと極限まで柔らかく仕上げたミルクチョコムースとローストして細かく砕いたヘーゼルナッツ類がたっぷり。ナッツの香ばしさが強く感じられます。間に挟まれたダックワーズ生地にもチョコの風味がたっぷりと染み込み、1つのケーキでいろんな食感と風味が楽しめます。

久しぶりの訪問ですが、人気はどんどん上がっているようです。クリスマスケーキは数日で完売するレベルになっています。

女性パティシエだからこその感性が光るケーキが他のパティスリーにはない魅力となっているようが気がします。

アフタヌーンティーの予約は一休がオススメです。
電話では予約できないお店が予約できたり。
なぜだかわかりませんが、通常予約より値段も安いのに特典が付いていたりします。

一休アフタヌーンティー特集ページ