実力派パティスリーの素敵ランチ「アカシエ・サロン・ド・テ」 | 浦和

アカシエ・サロン・ド・テ:概観

埼玉県浦和にある実力派パティスリー「アカシエ」のデザートが堪能できる「アカシエ・サロン・ド・テ」。
2013年の10月から「ランチ」も頂けるようになったので、行ってきました。

お店はカウンターが6席程度とテーブルが4つとそれほど広くはありません。
内装は女性が好きそうな感じ。
アカシエ・サロン・ド・テ:内装

私の行った日は開店早々あっという間に満席となりました。
(場所は駅からもやや遠く必ずしもよくないのですごいです。)

また、コースなので一度埋まると2時間くらいの待ちになってしまいます。
本日時点では予約は不可なので、確実に入るには、最低でも開店ちょうどのタイミングにはいきたいところです。
カウンターの目の前がキッチンになっているので、料理風景を堪能することもできます。

で、ランチコースのご紹介です。

まず、本日のアミューズ「アスパラガスのムース」
アスパラガスのムース

ムースの上に、トマトのジュレと、新鮮なウニのトッピング。

スープは2つから選択します。2人で行ったのでそれぞれを注文しました。

「新玉ねぎのポタージュ、ベーコンの香り」
新玉ねぎのポタージュ、ベーコンの香り

「オマール海老のビスク」
オマール海老のビスク

比べるにも変ですが、スープストック東京の同メニューも個人的に好きですが、
こちらの方が濃厚というかエビの風味が強かったです。

メインはガレットです。これも2人別々のものを注文。

桜エビの練りこまれたガレットにホタルイカ、キャベツ、新玉ねぎのグリルが乗っています。
ソースはオランデーズソースです。
桜エビが香るガレット

もう1つは、ガレットに鴨のローストとポテトグラタンがそえられています。
ガレットに鴨のローストとポテトグラタン

ある意味、もう1つのメイン(笑)のデザートは3種類から選択します。
泣く泣く2つに絞りました。

パッションフルーツのウフ・アラネージュ。
パッションフルーツのウフ・アラネージュ。

フランスの有名なデザート。「ウフ」は卵、「ア・ラ」は~風、「ネージュ」は淡雪と
いう名前の通り、淡雪のようなフワフワのメレンゲをソースに浮かべた一皿です。
チョコレートのソースに浮かんでいます。

もう1つは、「トンカ豆のアイスクリームと苺のクレープ包み」
トンカ豆のアイスクリームと苺のクレープ包み

ソースはピスタチオです。
トンカ豆は杏仁やキャラメル、バニラに似た芳香の貴重な香辛料だそうです。
初めて食べましたがハマりそうです。

最後に紅茶通信的には外せない紅茶です(笑)
嬉しいことに小菓子(チョコレートのテリーヌとマカロン・コルムリー)も付いています。
チョコレートのテリーヌとマカロン・コルムリー
紅茶

マカロン・コルムリーは最近のおしゃれマカロンとは違った、マカロン発祥の地「コルムリー」のマカロン。
ぼそぼそとした素朴で懐かしい感じのお菓子でした。

チョコレートのテリーヌはアカシエらしいコースの最後に相応しいお菓子です。

このコースで2,850円(税込)でした。
安いという値段ではもちろんないですが、このレベルであればまったく問題なしです。
(都内だったら、3,000円は軽く超えてきそう。)
季節が変わったら、また行きたいです。栗の季節などもよさそうですね。

アカシエ・サロン・ド・テケーキ / 浦和駅中浦和駅

昼総合点★★★★ 4.5

アフタヌーンティーの予約は一休がオススメです。
電話では予約できないお店が予約できたり。
なぜだかわかりませんが、通常予約より値段も安いのに特典が付いていたりします。

一休アフタヌーンティー特集ページ