新宿伊勢丹で開催中の「テオドーTEABAR」に行ってきました。

新宿伊勢丹で開催中の「テオドーTEABAR」に行ってきました。
伊勢丹新宿リビングフロア

「TEABAR」では、ブルックリンリボンフライと「泡」をテーマにしたアレンジティー、アルコールティー、ジンジャードリンクなどを頂くことができます。
バーは5席程度の少人数制。週末の王様のブランチでも紹介されたので、混んでるかと思いましたが、ちょうど空いていてすぐに入ることができました。

まず、注文したのはアイスティーのソーダとレモンを加えたアレンジティーです。
紅茶は「ジュスュイ デゾレ」というドラゴンフルーツとコーラの実のフレーバーにしました。コーラの香りが強くします。

「TEABAR」の楽しみは、ただ飲むだけでなく、お茶の話をしながら、ドリンクを作る工程を見られるところにもあると思います。

まず、アイスティーを作ります。炭酸で割るので、紅茶は濃いめに作ります。
テオドー・ジュスュイ デゾレ

紅茶に炭酸を注いでいきます。緊張感があります。
グラスはコカコーラとコラボのとのこと。くびれ部分で味がわかり1杯で何度も楽しめるのでこのグラスを選んだそうです。
テオドーティーバー

レモンを乗せて完成。色がきれいに分かれていますが、しっかり混ぜてから頂きます(笑)
テオドー・ティーソーダ1
テオドー・ティーソーダ2
炭酸の爽快感もあり、コーラの懐かしい感じがします。紅茶の風味もあり、とても面白いドリンクです。
(コーラ自体は10年以上飲んでいない気がする・・・。)

続いて、数々の品評会で1等を取った「井ノ倉茶園」のお茶を頂きました。
雁がね煎茶と雁がね焙じ茶ラテの2種類楽しむことができます。

一煎目は低い温度のお湯でじっくり抽出して甘味を引き出しました。
テオドー・雁がね煎茶1
テオドー・雁がね煎茶2
テオドー・雁がね煎茶3

ちなみにこの茶葉はティーバー限定。茶葉だけの販売はありません。

続いて焙じ茶ラテです。ホットとアイスを選べますが、アイスにしました。
じっくり時間を掛けて煮だしたほうじ茶に冷たいミルクを合わせていきます。
雁がね焙じ茶ラテ1
雁がね焙じ茶ラテ2

最後に茶葉の粉をトッピングして完成。
焙じ茶とミルクの組み合わせは意外と合いますね。途中で砂糖の甘味を追加して、また違った味を楽しめました。
雁がね焙じ茶ラテ3

最後に雁がね煎茶を熱湯で抽出。旨みが引き出されますね。
テオドー・雁がね煎茶2煎目

今回のコラボスイーツはこちら。
テオドー・スイーツ

左から、
・オリーブスコーンクラッカー&シードクラッカー
・ジンジャーとドライフルーツのクグロフ
・ニューヨークカップケーキをイメージしたアイシングクグロフ
・ヴァローナ社のチョコレートを使ったミニクグロフ

なぜかフォークなどの用意はなく、手で頂きました(笑)

この日は空いていたので、同じ茶葉で3煎目、4煎目と楽しむことができました。
こういう風にお茶をいろいろな視点で楽しめるのは楽しいですね。
期間限定なのが残念です。近所にあったら通ってしまうだろうなぁ。

14日までの期間限定です。気になる人はぜひ!!また、次回は秋ごろに予定しているそうです。

アフタヌーンティーの予約は一休がオススメです。
電話では予約できないお店が予約できたり。
なぜだかわかりませんが、通常予約より値段も安いのに特典が付いていたりします。

一休アフタヌーンティー特集ページ