伝統的なお菓子をモチーフにした新感覚のクープ「リュード・パッシー」 | 学芸大学

リュードパッシー・外観

東急東横線の学芸大学駅にあるフランス菓子店 「リュード・パッシー」です。
国内やフランス各地で修行され、2001年からご自身のお店をオープンさせました。
(このお店は2011年~。)

店名はパリ16区にあるパッシー通りから取ったとのことで、お店の雰囲気やインテリアはパリのカフェっぽさを感じます。

ショーケースには四季折々のケーキが並びます。
リュードパッシー・ショーケース

贈り物に喜ばれている焼き菓子のコーナー。焼き菓子はフランス産の小麦を使うなどのこだわりも。
リュードパッシー・焼き菓子。

イートインのできるパリのカフェのような雰囲気のあるサロンスペース。
リュードパッシー・イートイン

で、目的は今年のブームでもあるクープ=パフェです。
今は2種類のパフェがありました。

1つ目は『スタニスラス』。
リュードパッシー・スタニスラス

見た目はオレンジのクープですが、まったくことなるものでした。

お酒のシロップに浸けたサヴァラン生地に、オレンジとラム酒のバニラアイス、
オレンジにもラム酒とグランマルニエで香りづけがされています。

上の部分のサヴァラン生地は凍っており、シャリッとした食感とラム酒の香りを楽しめます。
『日本のパフェとはまた違う美味しさ』を体現したようなクープだと思います。

もう1つは桃のパフェ『ペッシュ メルバ』です。
リュードパッシー・ペッシュ メルバ

みずみずしい白桃、ペッシュドヴィーニュ(小さな桃)のムースグラッセに、白桃のコンポート、もちろんヴァニラアイスも入ってます。
こちらは比較的オーソドックスで、子供でも楽しめると思います。

どちらもフランス菓子店ならではの美味しさです。

ちなみに紅茶は「フォートナム・アンド・メイソン」のロイヤルブレンドでした。
茶葉は抜いていて2杯分くらい 頂けます。
リュードパッシー・紅茶

パティシエの長島さんはキャラメルの名手だけに、お店にはたくさんの種類のキャラメルが売られています。
リュードパッシー・キャラメル

そのキャラメルを使った「キャラメル・ポワール」のクープも予定されているとのことなのでぜひ食べに行きたいと思います。
楽しみです!!

リュードパッシー・インテリア

リュードパッシーケーキ / 学芸大学駅

昼総合点★★★★ 4.5

アフタヌーンティーの予約は一休がオススメです。
電話では予約できないお店が予約できたり。
なぜだかわかりませんが、通常予約より値段も安いのに特典が付いていたりします。

一休アフタヌーンティー特集ページ