吉祥寺の本格パティスリー「L’Epicurien(レピキュリアン)」

レピキュリアン・外観

今回は吉祥寺のレピキュリアンを紹介します。

■ http://t-tsushin.com/lepicurien/

吉祥寺は土地柄だけあって、そのときブームの人気店などが立ち並びます。
パンケーキ自体を否定するつもりはないのですが、ただ小麦粉を焼いてクリームにフルーツを乗せただけのものが結構いい値段するのは正直残念な気持ちになります(汗)

「レピキュリアン」はそんなブームとは無縁?な本格パティスリーです。
数席ですが、イートインできるスペースもあります。
ショーケースにはたくさんのケーキが並びますが、人が絶えないほど人気のお店のため、何のケーキが残っているかの運が試されます。また、うまくイートインできるかも運が試されると思います(笑)
レピキュリアン・ショーケース

ドリンクメニューは紅茶、珈琲、フルーツジュースの他にアルコールもあります。

1つ目のケーキ「アルフィ」です。
チョコレートのシブーストクリームがタルト生地の上に乗っています。
クリームの上面はキャラメリゼされているので、パリン!と割る楽しみもあります。
レピキュリアン・アルフィ

タルト生地を食べ進めると、ピスタチオのクリームが入っていてより味の組み合わせも増えて美味しくなっていきます。
レピキュリアン・アルフィ2

お茶はVerveine(ヴァーベナ)というハーブティーにしました。
レモングラス+レモンヴァーベナ+スペアミントとさっぱりしたブレンド。
「アルフィ」が濃厚なケーキなのでよい組み合わせでした。
レピキュリアン・ハーブティー

1つ目のケーキ「ミルフィーユ フランボワーズ」。
以前教わった直角にフォークを入れる方法でなんとか綺麗に崩さずに頂きます(笑)
カスタードクリームが見た目とは異なりさっぱりと軽い感じでした。
レピキュリアン・ミルフィーユ フランボワーズ

クリームの層にもフランボワーズがごろごろと入っているので、軽いクリームの方が良くあうんですね。さすがです。
お茶は、ダージリンにしました。特に指定はなかったですが、セカンドフラッシュだと思います。
レピキュリアン・ダージリン

パティスリーは基本的には持ち帰り中心なのでイートインスペースは狭いですね。
待っている人も多いのであまりゆっくりはできません。
食べたいケーキをその場でささっと食べたい。糖分を補充したい(笑)という用途にピッタリな感じだと思います。
ゆっくりするなら吉祥寺はカフェがたくさんあります。

もちろんケーキは最高レベルです。文句なし!

レピキュリアンケーキ / 吉祥寺駅井の頭公園駅

昼総合点★★★★ 4.0

アフタヌーンティーの予約は一休がオススメです。
電話では予約できないお店が予約できたり。
なぜだかわかりませんが、通常予約より値段も安いのに特典が付いていたりします。

一休アフタヌーンティー特集ページ