ニルギル キルコタギリ茶園 – ルピシア

ニルギル キルコタギリ茶園 – ルピシア
KILKOTAGIRI BOP2013

インド南端部、タミールナドゥ州にあるニルギリ。ダージリン、アッサムと並び、インド紅茶の三大産地のひとつです。

場所がスリランカに近く気候も似ているので、スリランカ紅茶に似た茶葉が育ちます。

ダージリンやアッサムのような際立った特徴はありませんが、そこが逆に個性と言えます。クセのないニュートラルな味わいがニルギルの身上です。

「キルコタギリ」は標高1,800m以上の高地のキルコタギリ(Kilkotagiri)茶園でクオリティーシーズンに作られました。

ニルギル キルコタギリ農園 - ルピシア2

透き通った濃い褐色の液色、渋みも適度にあり、深みのある味わいの、とてもバランスが良い紅茶です。
ちょっと渋みを楽しむならストレートで、マイルドならミルクティー。

フルーツを浮かべたり、レモンティーやアイスティーでも美味しくいただける万能な紅茶です。
落ち着いた風味に重なるコクのある甘みが絶妙です。
レモンとの相性も抜群な旬のニルギリ紅茶です。

アフタヌーンティーの予約は一休がオススメです。
電話では予約できないお店が予約できたり。
なぜだかわかりませんが、通常予約より値段も安いのに特典が付いていたりします。

一休アフタヌーンティー特集ページ