フレンチレストランの本気アフタヌーンティー「エキ・バー&グリル」 | 丸の内

東京駅地下からつながっているフォーシーズンズホテル丸の内のアフタヌーンティーに行ってきました。
ホテルのアフタヌーンティーはラウンジがほとんどですが、ここのは「エキ・バー&グリル」というフレンチレストランです。
エキ・バー&グリル・入口

アフタヌーンティーは基本的に14:30開始になっていたのですが、同じ時間帯に多くのお客さんが来て、あっという間にほぼ満席。女性比率が高いですね。
エキ・バー&グリル・内装

予約済みでしたので、いつもどおりテーブルはセッティング済みでした。
エキ・バー&グリル・テーブル

メニューを見たタイミングでアレルギーがないかの確認もありました。特にないと答えたので、メニュー通りにお持ちします。との返答。
このやりとりは初めての経験なので自然と期待も高まります。

まず最初に「季節のスムージー」が来ました。夏らしくマンゴーのスムージー。
エキ・バー&グリル・季節のスムージー

そのあと、1杯目の飲み物で、定番の「ダージリン ファーストフラッシュ」です。
紅茶(Black)は、ダージリンのほかは、イングリッシュブレックファスト、アールグレイ、アッサム。その他フレーバーティー、ルイボス、ハーブティー、コーヒーなど30種類くらいある中から飲み物を交換してのおかわりも自由。
エキ・バー&グリル・ダージリン

飲み物を楽しんでいるところで、フードメニューの登場です。
ここのは3段プレートではなく、1プレートに綺麗に盛り付けられています。
エキ・バー&グリル・アフタヌーンティー

手前のポップコーンはトリュフポップコーン。スムージーと併せて週末限定のメニューです。

まず、料理のお皿です。
エキ・バー&グリル・料理プレート

「ミニ和牛バーガー」。「エキ・バー&グリル」の人気メニュー「ハンバーガー」のミニ版です。フォアグラも挟まって豪華仕様。生姜も挟まっていてさっぱりともしています。
「エビとポワローのクリームキッシュ」、「パルミジャーノのポンデケイジョ」。

スコーンは「バニラスコーン」と「チョコチップスコーン」。
エキ・バー&グリル・スコーンプレート

クローテッドクリームもそうですが、フォーシーズンズホテルのラベルが付いたジャムとハチミツが美味しかった。

野菜のプレートは、
「鶏肉と豆もやし、大葉の生春巻き ピリ辛八丁味噌ソース」
「グリンピースのムース」、「フルーツトマトと水牛のモッツァレラのピンチョス」
「野菜チップス」。
エキ・バー&グリル・野菜プレート

アフタヌーンティーは、小麦粉が多めになるのでこういう野菜のメニューがあるのは嬉しい!

スイーツのプレート。
「紅茶とクランベリーのケーキ」
「金柑のコンポートタルト」
「抹茶とホワイトチョコレートのレイヤーケーキ」
「ヨーグルトパンナコッタ 季節のフルーツソース」
「シナモンチュロス 苺のディップ」。
エキ・バー&グリル・スイーツプレート

1つ1つがしっかり作りこまれていて、出来合いなインスタントな感じがまったくありませんでした。

おかわり自由の飲み物のメニューも充実しています。
「レモングラスのハーブティー」
エキ・バー&グリル・レモングラス

「ロイヤルミルクティー」
エキ・バー&グリル・ロイヤルミルクティー

「抹茶」
エキ・バー&グリル・抹茶

「カライブ・ヴァローナホットチョコレート(カカオ66%)」
エキ・バー&グリル・カライブ・ヴァローナホットチョコレート(カカオ66%)

特にオススメはチョコレートドリンク!マシュマロもついてて、これもスイーツのようです。
これは絶対に注文したほうがよいです。

「エキ・バー&グリル」は7階にありますので、窓側の席だと眺めがよいです。
東京駅を望め、電車の行き来を見ているだけでも楽しめます(笑)
エキ・バー&グリル・眺め

窓側の席数は少なかったのでこれは運が必要かも?!

週末のアフタヌーンティーは14:30-17:00と時間は決まっていて、ゆっくりと楽しめます。

普通の英国式のアフタヌーンティーとは異なる面白さもありながら、
オリジナルのハンバーガーなどのアレンジもしっかりとクオリティが高く非常に満足度の高い内容でした。
ドリンク交換の声掛けのタイミングなどサービスもよかったです。

いろいろなアフタヌーンティーを巡りたいとは思っていますが、ここはリピートしたいと思いました。オススメしたいです!

エキ・バー&グリルフレンチ / 京橋駅東京駅銀座一丁目駅

昼総合点★★★★ 4.5

アフタヌーンティーの予約は一休がオススメです。
電話では予約できないお店が予約できたり。
なぜだかわかりませんが、通常予約より値段も安いのに特典が付いていたりします。

一休アフタヌーンティー特集ページ