【番外編】 ボウ・デパール青山倶楽部で「フランコ・ジャポネ」を頂いてきました。

今回は番外編。青山一丁目駅から徒歩三分、2014年10月にオープンしたレストラン「ボウ・デパール青山倶楽部」。
「青山ロビンズクラブ」という会員制のレストランから受け継いだ重厚な内装に、フランス料理に和のエッセンスを融合した「フランコ・ジャポネ」の料理が特徴です。

さっそくご紹介します。
温かみのある木目を生かした落ち着きがあります。バーカウンターも備えていて和モダンな雰囲気の大人の空間です。
ボウデパール青山倶楽部・レストラン

ディナーのコースは料理10品+デザートと盛りだくさん。
サービスの方はシェフがやりすぎと冗談っぽく話していました(笑)
ボウ・デパール青山倶楽部・メニュー

そんなコース料理を一気に紹介します。

1品目はスキャッチャ。乾杯のお酒と一緒に頂く感じです。
乾杯のシャンパンはここでしか飲めないものだそうです。
ボウ・デパール青山倶楽部・スキャッチャ
ボウ・デパール青山倶楽部・シャンパン

2品目のアミューズに「筍のバリグール風」。
ボウ・デパール青山倶楽部・筍のバリグール風

3品目「春香ウドのヴルーテ」
春香ウドのヴルーテ

ここからやっとオードブルです(笑)
4品目・冷前菜の「桜マスのミ・キュイ ひじき添え」
魚のメインとしてもよいくらいの逸品ですね。何より見た目も美しい!!
桜マスのミ・キュイ ひじき添え

5品目野菜料理の「白アスパラガスとフレッシュモリーユ」
白アスパラガスとフレッシュモリーユ

6品目・温前菜の「マテ貝のマリニエール 葉ニンニクと行者ニンニク」
マテ貝のマリニエール 葉ニンニクと行者ニンニク

飲み物も料理にあったワインを出してくれたり、果物やイメージを伝えるとカクテルを作ってくれます。
カクテル

ここからいよいよメインです。
7品目・魚料理の「和歌山県産鮮魚のスナッケと釜揚げしらす 春キャベツソース」
和歌山県産鮮魚のスナッケと釜揚げしらす 春キャベツソース

8品目・肉料理の「和豚もち豚のロティ 生わさび風味のジュシュクリーヌレタス」
和豚もち豚のロティ 生わさび風味のジュシュクリーヌレタス

9品目・お米料理の「豆御飯と白えびのクルトン」
メインのあとにお米の料理がでるのが特徴的です。
豆御飯と白えびのクルトン

10品目「日本のフロマージュ」
デザートの前にチーズで口直し。国産のチーズにこだわっているそうです。
日本のフロマージュ

メインのデザートは「ブラッドオレンジのクレープシュゼット」。
目の前でサービスしてくれます。
ブラッドオレンジのクレープシュゼット1

待ち時間があるので、一口デザートの「イチゴのパート・ド・フュルイ」。
フレッシュなイチゴがイチゴのゼリーでおおわれています。食感も面白いです。
プレデザート・イチゴのパート・ド・フュルイ

お話しを楽しんでいる間に準備が進み、炎の演出が始まりました。
この瞬間はフロアの明かりを落としてくれるので迫力満点です。
ブラッドオレンジのクレープシュゼット・炎の演出

ブラッドオレンジのシャーベットを盛り付けて完成。
クレープの皮は焼いた後に休ませているので、モッチリとしていてソースを良く絡みます。
ブラッドオレンジのクレープシュゼット・完成

デザートを食べたあと、席をラウンジに移動してゆったりとしたソファーでゆったりと食後のフレッシュハーブティーとカヌレを頂きました。
ボウデパール青山倶楽部・ラウンジ
フレッシュハーブティーとカヌレ

ゆったりしていると、シェフの蜂須賀さんがお話しに来てくれました。

コースの内容は毎月変わり特に野菜は、週でも変わるそうで、本当にわずかな期間しか出せないメニューも多いとか。先のとおり高級な食材は使っていないのでコストは抑えることができているとのこと。

「トリュフ、キャビア、牛肉を使っていないフレンチはうちくらい。」と笑って話していました(笑)

この場所でこのコースで8000円というのはもちろん金額的には安くはないですが、これだけのこだわりとサービスを考えると破格なのではと思ってしまいます。

大切な人とまた行きたいと思える素敵なレストランでした。

オススメ度:★★★★★(5点満点)

予約は↓から。消費税・サービス料込なので、直接予約より10%以上お得です。
【一休予約】 ボウ・デパール青山倶楽部・おすすめプラン


普段のレストランでは高級な食材を使っていない変わりに(?)ボウ・デパールはレストランウェディングもやっていて、その時は高級な食材を使うとも話していました。

ボウ・デパール青山倶楽部フレンチ / 青山一丁目駅赤坂駅乃木坂駅

夜総合点★★★★★ 5.0

アフタヌーンティーの予約は一休がオススメです。
電話では予約できないお店が予約できたり。
なぜだかわかりませんが、通常予約より値段も安いのに特典が付いていたりします。

一休アフタヌーンティー特集ページ